2007年05月09日

手術前検査

[検査の流れ]
手術前検査

手術前再検査

手術前日検査

南青山アイクリニックというところに行くこと決めた。
家から45分ほどで行けて近い。渋谷から地下鉄で2駅目だ。外苑前ってとこで降りるんだが降り口からも近い。んで、なんだか有名な医師がいるんだとか。眼鏡かけてるけど・・大丈夫かよオイ!
このクリニックのホームページを見る限り、予約制ではなさそうなので直接行くことにした。だが、検査には2時間程かかると書いてあったので閉院間近にいっていいものなのか思いとどまり、(そのとき15時ごろ)一応電話して何時までに入ればいいのか聞いてみることにした。検査が2時間かかるので16時くらいには来て下さいとのこと。なぬー!けっこうギリギリじゃねーか。
で、迷子になるとイカンので余裕をもって16:30に予約という形にしてもらって急いで家を出た。ついてみると看板に[完全予約制]と。オイオイ 、ホームページにも書いておけよ。
医院内はきれいでフロアは広く一度にたくさんの人が検査を受けれるスペースがあった。実際、オレ以外にもけっこう人がいた。
おねーさんに呼ばれてついていく。検査がはじまった。地平線に気球が浮かんでる絵を見る機械や目の眼圧を測る機械(空気をドバっと当てられるやつ)毎回びっくりするやつな(笑) など言われるがままに覗いていく。目の撮影をする機械らしきものも覗く。まー他にもいろいろ覗いた。んで 例の「C」のやつ。右!とか左!とか言うやつ。さっぱりわからん! とか言っておきながらそのとなりが見えたりする(笑) オレは乱視がけっこうあるからよ・・許してくれ。
「緑と赤の四角の中にある○線、どちらがはっきり見えますか?」
「どちらとも言えない!」
検査用の眼鏡にレンズをカチリとはめ込み
「緑と赤の四角の中にある○線、どちらがはっきり見えますか?」
「緑! いや赤! どっちも同じくらい!」
「・・・・」
「1番と2番のレンズ どちらがはっきり見えますか?」
「2番かな なんとなく1番のような気もする 」
と・・まー おねーさん大苦戦
悪気があってやったわけじゃねーんだがな。 すべては乱視のせいだ!
このときの視力 (右:0.07 左:0.09)
その後、医師の診察 目自体は手術をするうえで全く問題なしと診察される。質問が無いかしつこく聞かれる。事前に気になることなどを頭にまとめていたので聞いておいた。

点眼麻酔をされなにやらペンのような機械を目にグリグリされる(黒目に)目の弾力性とかいろいろ測定するんだとか。目をつつかれているのに痛みがなく不思議な感じだった。次に瞳孔を開く目薬をさされまた視力測定。仮性近視か真性近視かがわかるようだ。真性近視なので手術可ですと言われる。別のおねーさんから手術の説明とその後のケアを聞かされる。けっこう細かくいろいろ教わる。まー調べまくっていたから新事実はねーんだが(笑) 一生懸命説明してくれるのでfumfumと聞いていた。やっぱりここでも質問があるかしつこく聞かれる。
最後にもう1回医師の診察を受け手術を受けるかどうか聞かれる。 やっぱりここでも質問があるかしつこく聞かれる。
もう質問もネタぎれであります!
すべての過程は終了で検査料として5000¥払って帰る ここまでで2時間30分 
手術前再検査・前日検査・手術日も予約する。手術の担当医も決める。2月1日を指定したら、その日は月に1度の坪田医師の手術する日です。と言われる。坪田一男医師ってのはこの医院の看板息子つーかある意味顔だ。だが、月1ってなんだよ(笑) なんか危ない臭いがプンプンして断ろうと話してたら大丈夫ですよと言われ断れない雰囲気になってしまいその人に決めてしまった。オレは現場の人間を高く評価するタイプだ。事件は現場で起こってんだよ!本とか出しまくってる人間の腕を信じろというのはきつい。でもまーそのとき、オレの頭をよぎったのは坪田医師の責任能力の高さだ! 看板だしな。失敗しようものならどーしてくれようか って感じだ(hehe)
なお、瞳孔を開くので光が何十倍と目にはいってくるためお車では来てはいけません とさ
南青山の246R沿いなのに車で来るヤツいねーって(笑) 駐禁覚悟か!

1週間後、手術前再検査にいく。
前回のおねーさんと同じだ。嫌われてなければいいがな(笑)
「まばたきをしたあと目を大きく開けてください」のセリフを前回のとき、50回は言わせたしな(笑)
基本的に前回のときと検査はいっしょで視力を測る。視力は前回とまったく一緒らしい。
乱視でイライラさせるのも前回同様(笑)
「前回と視力が同じなので手術前日検査も今 やってしまいますか?」と聞かれる。
「今、受けることのメリットは?」と聞き返す。 だってよー 前日検査つったら前日だべー
「前日に来るのがめんどくさくないだけです(笑)」 まーそういうもんなんかなと思いつつ彼女の笑顔を見れたので受けることを告げる。
ドライアイ検査を受ける。目に黄色い色素を入れ、まぶたの内側に紙を入れそのまま数分待つ。なみだが出ていればその紙に色がつくのだそうだ。ちなみにこの黄色い色素、家に帰って鼻をかんだら緑色の鼻水が出た。これぞ青っ鼻!
次に色識別検査みてーのを受ける○が見えたらボタンを押すってやつ○の色がだんだん薄くなってきてどこまで見えるのかって検査のようだ。見えないのにボタン押したり・・。その後、瞳孔開いて視力検査。
手術日の注意ごとや手術後の目薬のことなど説明を受ける。
最後に医師の診察を受けて手術前再検査+手術前日検査の終了。この日は費用かからず。ちょっと検査の順番間違ってるかもしれんが許せ。

posted by オレ専Z at 08:49| 手術前検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。