2007年05月09日

50万で目の皮をひん剥きレーザー当てるか 否か!

はじめに


オレは中学のときから目が悪かった。別に眼鏡をかけていたわけじゃねーが、小学生のときから微妙に不良だったのでゲーセン通いが多かった。当時のゲーセンって薄暗くて、いかにも悪の巣窟って感じか(笑)
まー目が悪くなってもなんら不思議はねーわな。とりあえず裸眼ですごしてはいたが高校に入り、授業中だけ眼鏡をかけるようになった。そんな時、友人がコンタクトレンズ(ハード)を買った。オレは目に物を入れるなんてとんでもねーと思っていたが、そいつのある一言がオレをコンタクトレンズの世界に引き込んだ。
「この痛み ぜってーおまえには耐えられないぜ!」
なに〜!
きさまに耐えることができてオレに出来んことはねー! ってな感じでさっそくコンタクトレンズを作りにいく。最初はどこの店でもそうだと思うが、まずコンタクトレンズを目に入れられる。そして30分耐えることができたら買うかどうか決めて下さいね。という展開になる。シャレになんねーと思った。涙がボロボロ出て止まらん。まばたきをするたびに目の表面がペロンペロンめくれるような感じがした。まーオレは、
意地で来たわけで死ぬほど痛くても買う覚悟でいた。
そして10年あまりハードコンタクトレンズにお世話になることとなった。
途中使い捨てソフトコンタクトにしたりもしたが乱視がうまく矯正されてなくてイマイチだった。
10年もコンタクトを使っていると、コンタクト無しじゃ外出がめんどくなるもんだ。おまけに度数がイマイチになってきて買い替えの時期がせまってきていた。目にゴミが入るといてーし! 洗ったりするのだりーし、タンパク除去なんて1年くらいやってねーし!(?) 眼鏡も度数があってねーじゃん!(家では眼鏡な)
いい加減だりー!
そーいえば中日Dの投手がレーシック近視矯正手術をして目もとパッチリなんて新聞に書かれていたな
さっそく近視矯正手術の資料をネットで集めだした。うさんくさい視力回復器具なども多数の資料が集まった。
家から近い南青山アイクリニックが目についた。芸能人,有名人多数手術を受けている。そこそこ信用できそうではあるが、目だけに怖さはある。つーかメチャクチャ怖い。

50万で目の皮をひん剥きレーザー当てるか 否か!

オレの目はコンタクトや眼鏡のような補助器具無しではボンクラだ。裸眼は使いものにならん。
これでいいのか?
答えは決まってんじゃねーのか?
パワーアップアイテムを取らずにボスまで行くつもりか!?(?)
手術費用は大金だが金は問題じゃねー!

でも まー やっぱ怖えーし 悩んだ

1週間悩んだすえに手術を受けることを決心した! 
決心したあとも心は揺れたが。


posted by オレ専Z at 08:44| はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。